読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司はえんがわ。~Engawa R0tMG ブログ~ 別館

かったるい内容は別館でやることにしました

毎年灯油の巡回販売にイライラさせられているので一言いいたい

もうはや11月も下旬ということで、ずいぶん冷え込んできましたね。

私は関西に住んでいるのですが、寒い季節になってくると「今年もはじまったな」と思うものが、残念ながらまったくありがたくないものでひとつあります。

それは、やかましいゆきやこんこんのテーマーソングと少し訛ったおっさんのアナウンスとともにやってくる、灯油の巡回販売です。(ほかの灯油巡回販売もたまにくるけど頻繁に煩わされるのはココ)

その会社の名前でググろうとすると、「うるさい」とか「騒音」とか「苦情対応」とかいっぱい出てくるので、もはや周知の事実ですね。

そういった騒音被害に対しては、条例違反に抵触していることがほとんどなので、「個人個人が役所に訴えればいい」という話なのですが、なかなかそこまでの行動を起こすのは億劫というひとも多いだろうし、私はせっかくこうしてブログを書いているので、ネットの場にそのことを問うてみたいと思います。

 

まずそもそも、うるさいのは灯油だけではありません。灯油巡回販売を槍玉に挙げましたが、廃品回収者やらさおだけ屋やらも相応にうるさいです。(音楽まで鳴らしてくる例の灯油巡回販売が一番うるさいですが)

これらの商売がそういう手法をなぜやっているかと考えてみるに、「やりとりするモノがすごく重い」ということがあるのでしょう。灯油を買ってくるにせよ、あるいは廃品を持っていくにせよ、そのモノがすごく重いケースが多い。だから、巡回で家まで行ってあげてるということですね。

でもそれだったら、必要なひとが電話で来てもらえばいい話なんじゃないでしょうか。騒音を撒き散らしてその他大勢の住民に不愉快な思いをさせてまでそれを行う必要性がどこにあるのか。 …会社の側にはありますね。

 

利用者の利便性ということでは「電話で注文して来てもらう」という手法を取ればそれで済むわけですが、それだけでは待ちの営業になってしまうし他の会社との差別化がつけにくい。だから大きな差別化として、放送を撒き散らして「あ、灯油買っとくか」となる客から売上げようとする会社が現れた。そういうものが現れてしまったら同業他社も追随するしかありません。そうして、「今現在の騒音を撒き散らす業種」というものが出来上がってしまった。そんなところでしょうか?

そうであるならば、やっている動機は「やりとりするモノが重すぎるものだから」ということよりも、「より儲けられるため」ということでしかない。

もちろん会社がより儲けようとすることは当たり前だし、いくらでも儲けてくれればいいのですが、しかし、うるさいのは迷惑なんです。

いまのところ、そういう放送による巡回販売を行っているのはごく一部の業種だけなので、騒音の問題もある意味では許容範囲に収まっていると言えなくもないのかもしれません。(実際こうやってその営業手法がまかり通っているのは、それに対して声を上げるひとがまだ全面禁止などにさせるほどには表れていないということでもあるでしょう。)

しかし、じゃあ「それをやればお客さんの利便性が高まるから」といって、八百屋も魚屋も電気屋も法律屋も、ありとあらゆる業種が放送を撒き散らして巡回販売をするなんてことをはじめたらいったいどうなるでしょう? 四六時中テレビもまともに見れなくなってしまいますね。(今現在でもゆ~きやこんこんが家の前に来ているときはテレビが聞こえないぐらいうるさいですけど。)

みんながやったら迷惑になりすぎてとても許されないようなことを、少数ならまだ迷惑の度合いは小さいからウチラはやってもいい、なんて道理があるはずがありません。

欲しい人がいるなら電話で頼む、万が一電話がないという人がいるならそういう人は店頭に赴いていついつに来てくださいというやり取りをするか葉書などを利用すればそれでよし、ただの会社の儲けのためになにゆえ毎日毎日不快を強いられねばならないのか、不快を強いることがまかり通っているのか、と考えると、いっそうムカっ腹が立ってしょうがありません。(ここに述べたことは、電話営業や訪問販売などにも敷衍できることかもしれません。あるいは営業行為そのものにも。その迷惑の「やってはいけない」のラインはどこか、などという話になると少し広がりすぎるので、ここではやめておきます…。でも巡回販売の「うるささ」はラインを越えていると思うし、実際条例にも触れているでしょう。)

 

以上、巡回販売の理屈の通らなさについてまくしたててきたのですが、なんせ私はムカッ腹が立ってしまっているので、騒音を撒き散らす巡回販売があったほうが世の中のためという理屈を見落としてしまっているかもしれません。(ちょっとググれば出てくるぐらいの反論に対しては正当な理屈とは思えないのですが)

もし巡回販売必要論に一家言ある方がいらっしゃれば、ご教示いただければ幸いです。m(_ _)m